部屋探しセレクトは学生向け部屋探し情報サイトです。

お問合せ  運営会社  サイトマップ

契約~入居まで

申込から契約までの流れ

申込から契約までの流れ

ここではアパート・マンションを借りる際の申込から契約までの一般的な流れを説明しよう。物件や不動産会社により手続きに多少の違いがある。

申込の意思表示をする

気にいった物件が見つかったら「善は急げ」さっそく申込しよう。

入居申込書に記入する

不動産会社にて物件所定の入居申込書に氏名・住所・保証人・収入などの事項を記入。
入居者が未成年の場合、両親のうち収入のある方が契約者、第三者を保証人にしなければならない。ただし保証人が見つからない場合、不動産会社では保証会社との提携により保証料を支払うことで申し込みができるようになる。

重要事項説明を受け、契約費用明細を受け取る。

申込をする建物の設備内容、契約事項などの契約前の重要事項説明を受ける。「宅地建物取引主任者」が主任者証を提示の上、説明してくれる。

不動産会社によっては、ここで申込金・手付金を支払う必要がある。申込金は申込の意思を確認するためのお金だ。

入居審査

「入居申込書」内容について審査をする。契約者や保証人が家賃をちゃんと払ってくれるかどうかを確かめるため、収入を証明する書類が必要となることもある。その場合すぐに審査の結果は出ず、2~3日待たなければならないこともある。

学生マンションや学生会館は学生証や合格証書で身分の証明ができるため、審査は比較的易しい。(学費を払える親なら家賃は滞納しないだろう、という考え方?)

審査が通れば、本契約手続きへ。

賃貸借契約書の取り交わしと必要書類の提出、契約金を振り込んで手続き完了!

契約金は申込審査が通ったあと、10日から2週間後には全額一括して支払わなければいけないので準備しておく。

契約時の費用

  • 契約時の費用礼金(学生マンションと学生会館は入館料)
  • 敷金または保証金
  • 前家賃、管理費(住み始める月の家賃・管理費の前払い分)
  • 仲介手数料(家賃の0.5~1ヶ月分)
  • 火災保険料(2年間で1.5~2万円)
  • その他(鍵交換費用・消毒代など)

以上の金額を契約時に一括して支払わなければならない。入居直前まで待ってくれるわけではありません。

契約時必要書類

  • 契約時必要書類賃貸借契約書二通(実印を押したもの)
  • 学生証または合格証書
  • 住民票
  • 連帯保証人確約書
  • 連帯保証人の印鑑証明書
  • 収入を証明する書類(納税証明書・所得証明書・源泉徴収票など)
  • その他(学生マンションや学生会館では入居者顔写真を提出しなければならないことも)
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 下宿ガイド 学生寮ガイド
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 下宿ガイド 学生寮ガイド
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 下宿ガイド 学生寮ガイド
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 学生寮ガイド 下宿ガイド