見学ポイント

キッチン・コンロの良し悪し

ミニキッチンとシステムキッチン

ミニキッチンとシステムキッチン

ミニキッチン…収納棚や調理台、コンロ、流し台などを一続きのものとしてつくりつけた台所。
システムキッチン…収納棚、流し台、コンロなどがコンパクトにまとまった集合住宅向けのユニットキッチン。

言葉の定義上、どちらもあまり違いがないように聞こえるが、調理のしやすさや機能面でシステムキッチンに軍配が上がる。

ワンルームアパート・マンションはキッチンスペースを狭くし居室を広く使えるように設計されてきたが、居室面積が広がり始めた近年では、居住スペースの広さを確保しながらキッチンや周辺部も広めで、住まい手の利便性を考えたグレードの高い設備を取り入れられている。

システムキッチンの機能

レンジフード

コンロの上に、フード(箱型の覆い)を作り、換気扇を内部に収納し、煙や油、臭いを効率的に外部に出す。排気強弱の調整ができ手入れもしやすい設計になっている。ミニキッチンでは換気扇の強弱設定はできない。

シングルレバー混合水栓

レバー1本でお湯と水の切り替えや水量を調節できる。片手で操作でき、周辺のお掃除も楽チン。ミニキッチンや古いアパートの流し台は、お湯と水が別々のツーハンドルタイプで水垢や汚れ落としに一苦労。

ワイドシンク

シンクが広く、調理や洗い物に便利。

グリル

焼き魚などが調理できる。仕様上ミニキッチンにはグリルの設置はできない。

キッチンパネル

コンロ廻りに飛び散った油や汚れもサッと拭き取るだけで落ちてしまい、パネルに目地や溝もないためお手入れが簡単。耐火性。

システムキッチンでも物件により仕様が異なり、コンロやグリルも自分で購入して設置しなければならないこともある。新築・築浅のハイグレードマンションにはビルトイン浄水器やディスポーザー(生ゴミ処理機)などが設置されている物件もある。

ページのトップへ

コンロの種類・口数

人気は 電気コンロ < ガスコンロ = IHクッキングヒーター の順。
料理を頻繁にする人ならコンロはなるべく口数の多いアパート・マンションを選びたい。コンロの口が複数あればすばやく料理もできる。一人暮らしをする先輩たちの中には、コンロが足りずにカセットコンロを持込んでいる人もみかけられる。ただ持込は入居規則で禁止されていることが多い。

電気コンロ

電熱プレートに電気が流れ鍋を温める。火を使わないため安心。調理後もしばらくはプレート部分に熱が残るため火傷には注意。電気コンロは古くなると表面にサビや汚れがついてしまうため温まりにくく見た目の清潔感もない。熱伝導効率がよくないため電気代がかかり漏電の危険性も出てくる。

ガスコンロ

火を使うため熱の伝わりが早い。火力も強く、火の出具合を調整しながら調理できる。 電気コンロやIHクッキングヒーターは、鍋とコンロが接していないと熱が伝わらないためフライパンの返しができない。ガスコンロなら余熱の利用もできる。

IHクッキングヒーター(電磁調理器)

電気を使うIHクッキングヒーターは、表面が熱くならずサビもでない。またプレートの汚れはふきんで拭いてしまえばきれいに落ちてしまう。オール電化ブームもあって導入しているアパート・マンションが多い。電気コンロ故障に伴いIHクッキングヒーターに取り替えるところもある。

ページのトップへ